主な違いは? iPhone7 plus iPhone6s iPhone SE – アップル

iPhone7 6s SE 主要スペック比較

iPhone 6sから7へメジャーバージョンアップ
外観こそ見た目にはあまり変わりないですが

  • ApplePayのおサイフケータイ(FeliCa)対応
  • 防水機能(IP67等級)
  • 液晶画面のDCI-P3対応高色域ディスプレイ
  • イヤホンジャックの廃止
  • ホームボタンの一体化(新しいTaptic Engine搭載)
  • 搭載バッテリー容量の増加

カメラに関しては

  • カメラのレンズが大口径化されF1.8に
  • 7の光学式手振れ補正対応
  • Plusのデュアルカメラ化

主な変化を表にしてまとめてみました。

iPhone7 iPhone6s iPhoneSEのスペック比較

主な違いiPhone7iPhone6siPhoneSE
カラー(本体色)シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックジェットブラックシルバー、ゴールド、ローズゴールド、スペースグレイシルバー、ゴールド、ローズゴールド、スペースグレイ
サイズと重量
高さx幅x厚さ(重さ)
138.3 mm x 67.1 mm x 7.1 mm (138g)138.3 mm x 67.1 mm x 7.1 mm (143g)123.8 mm x 58.6 mm x 7.6 mm (113g)
液晶ディスプレイ4.7インチ 広色域(DCI-P3)対応の3D Touch搭載Retina HDディスプレイ4.7インチ 3D Touch搭載Retina HDディスプレイ4インチ Retinaディスプレイ
1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi1,334 x 750ピクセル解像度、326ppi1,136 x 640ピクセル解像度、326ppi
カメラ画素数1200万画素1200万画素1200万画素
裏面照射型センサーOOO
Focus Pixelsを使ったオートフォーカスOOO
カメラレンズF1.8 (6枚構成のレンズ)F2.2 (5枚構成のレンズ)F2.2 (5枚構成のレンズ)
光学式手ぶれ補正O
ズーム倍率最大5倍のデジタルズーム最大5倍のデジタルズーム最大5倍のデジタルズーム
LEDフラッシュクアッドLED True ToneフラッシュTrue ToneフラッシュTrue Toneフラッシュ
手ぶれ補正機能を使ったLive PhotosOOO
FaceTime HDカメラ
(フロントカメラ)
700万画素(F2.2)500万画素(F2.2)120万画素(F2.4)
自撮り用フラッシュRetina FlashRetina FlashRetina Flash
防沫性能、耐水性能、防塵性能O
チップ(プロセッサー)64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
搭載環境センサー3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
付属ヘッドフォンEarPods with Lightning Connector

Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

EarPods with 3.5 mm Headphone PlugEarPods with 3.5 mm Headphone Plug

今回から中型サイズのiPhone7にも光学式手振れ補正が搭載されたことが大きなポイントでしょう。レンズの大口径化も画質の向上に寄与しそうです。インカメラ(FaceTime HDカメラ)も700万画素化され全体的にカメラのグレードアップが大きな目玉だと思います。

楽天市場:iPhone7ケース iPhone7保護フィルム

iPhone7 Plus iPhone6s Plusのスペック比較

主要スペックiPhone7 PlusiPhone6s Plus
カラー(本体色)シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックジェットブラックシルバー、ゴールド、ローズゴールド、スペースグレイ
サイズと重量
高さx幅x厚さ(重さ)
158.2 mm x 77.9 mm x 7.3 mm (188g)158.2 mm x 77.9 mm x 7.3 mm (192g)
液晶ディスプレイ5.5インチ 広色域(DCI-P3)対応の3D Touch搭載Retina HDディスプレイ5.5インチ 3D Touch搭載Retina HDディスプレイ
1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi1,920 x 1,080ピクセル解像度、401ppi
カメラ画素数1200万画素1200万画素
裏面照射型センサーOO
Focus Pixelsを使ったオートフォーカスOO
カメラレンズF1.8 (6枚構成のレンズ)F2.2 (5枚構成のレンズ)
光学式手ぶれ補正OO
ズーム倍率2倍光学ズーム、最大10倍のデジタルズーム最大5倍のデジタルズーム
LEDフラッシュクアッドLED True ToneフラッシュTrue Toneフラッシュ
手ぶれ補正機能を使ったLive PhotosOO
FaceTime HDカメラ
(フロントカメラ)
700万画素(F2.2)500万画素(F2.2)
自撮り用フラッシュRetina FlashRetina Flash
防沫性能、耐水性能、防塵性能O
チップ(プロセッサー)64ビットアーキテクチャ搭載A10 Fusionチップ
組み込み型M10モーションコプロセッサ
64ビットアーキテクチャ搭載A9チップ
組み込み型M9モーションコプロセッサ
搭載環境センサー3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
3軸ジャイロ
加速度センサー
近接センサー
環境光センサー
気圧計
付属ヘッドフォンEarPods with Lightning Connector

Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ

EarPods with 3.5 mm Headphone Plug

6s Plusと7 Plusの大きな違いはデュアルカメラ化され、広角域の焦点距離のレンズだけではなく、標準域のレンズも搭載されたことでしょう。

搭載されている広角レンズの焦点距離は約28mm。標準レンズの焦点距離は約56mmだといわれています。(焦点距離は35㎜換算)

そして、ソフトウェアのアップデートによりポートレートモードという新機能が追加される予定。
*まだ詳細はよくわからないようですが、おそらくカメラが2つあることを利用して位相差検出することで、被写体となる人物(たぶん人以外の物体でも大丈夫なはずと予想)と背景の距離の差を精度よく把握しデジタルの画像処理によって疑似的に一眼レフやミラーレスカメラに大口径レンズを装着して撮影した被写界深度の浅い写真に似たものになるように加工するのだと思います。
被写体と背景の距離の差が近い場合は処理が高度で難しいのではないと思いますが、どのくらい違和感のないように画像処理を仕上げられるのかアップルなら凄いことをやってくれるかもしれません。

搭載されているDRAMの容量は7Plusは2GBから3GBに増量されているとの噂

バッテリー容量は?

シリーズバッテリー容量
iPhone71960mAh
iPhone6s1715mAh
iPhone7 Plus2900mAh
iPhone6s Plus2750mAh
iPhone SE1624mAh

まとめ

付属のイヤフォンがライトニング端子で接続されるようになった。
iPhone7には、従来のイヤホンも使用できる「Lightning – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」が付属。

FeliCaが搭載され、Apple Payで電子マネー「Suica」「QUICPay」「iD」が利用可能に。

タイトルとURLをコピーしました