Huawei nova 5Tのカメラで紅葉を撮影 Autumn leaves – スマホレビュー

NOVA 5T 撮影モード

カメラ性能をチェック 発色は現代的

ファーウェイ nova 5Tのカメラで紅葉を撮影してきました。

紅葉したイチョウを色鮮やかに撮影できるのか、くすんだ発色になるのか。カメラの画像処理性能がそのまま出るんじゃないかと考えています。

AIによる撮影シーン判定は特に何もする必要はなく自動なので気を遣う必要ないです。
上の例では紅葉と正確に自動判定されています。

nova 5Tの逆光耐性

逆光で被写体に光が当たっている部分と当たってない部分の明暗差が大きい状況でも白飛びは抑えられています。

nova 5Tの超広角カメラの実用性

超広角レンズで撮影

風景撮影で有用な超広角カメラで撮影すると大木のサイズ感もよくわかります。メインのカメラではないですが、発色もよく、ダイナミックレンジも十分に広い。
超広角レンズは焦点距離 17mm (35mm換算) F2.2というスペック

メインカメラの解像度を見るために木の樹皮を撮影

nova 5Tの解像感チェック

樹皮の細かい様子が撮れていて解像感があります。もともとスマホのレンズは単焦点レンズが普通なのでこのあたりは予想通り。

まとめ – AIによる被写体判定が優秀

nova 5Tで青空を撮影
川の土手から青空を撮影

撮影する被写体に適した画像処理をするためにはAIによるシーン判定を正確にする必要がありますが精度は高いです。スマホのカメラは画像処理にすごく積極的なのが裏目に出ることもありますがnova 5Tは多くのシーンで上手く対応してくれていると感じます。

nova 5Tのカメラの特徴のひとつに色がはっきり出ることがあると思います。このあたりは現代で好まれるSNSを意識した現像設定の作りなのでしょう。

HUAWEI nova 5T, AI クアッドカメラ, 超広角レンズ | ファーウェイジャパン


Amazonで商品説明を見る 楽天で商品説明を見る


タイトルとURLをコピーしました