完熟したアイコを収穫 | ミニトマト栽培2020 その7

完熟になったミニトマトのアイコを収穫

収穫時期を迎えたアイコ

花が咲いてから1か月が過ぎて、実が大きくなり赤く色づいて収穫期を迎えました。家庭菜園なので完熟までゆっくり待ちました。

ミニトマトのアイコがたわわに実る
収穫期が始まったアイコ

果実の大きさは、長さ3.5cm、重さは16gほどでした。なかなかいいサイズです。
甘味もしっかりしていて完熟まで待ってよかったです。

アイコの収穫タイミング

完熟したミニトマトのアイコ

ミニトマト「アイコ」の収穫の目安となる日数は、花が咲いてからおよそ35日から40日くらいだと思います。

実が大きくなる成長が止まってから赤く色づき始め、そこから熟してくるまでちょっと時間がかかります。
まだ実が青いうちから先にヘタが反り返ってしまうのでちょっとタイミングがわかりづらい気がしますが、6月の収穫なら完熟まで40日ほどだとみていいと思います。

ミニトマトは気温が上がってくると収穫までかかる日数が短くなる傾向があるので7月後半や8月だと30日くらいになるんじゃないかと考えています。

自宅栽培だとそんなに数があるわけではないので、赤くなった実を手で触って柔らかくなっていたら収穫するという確実な手段が取れると思います。

今年は接ぎ木苗のアイコを育てていますが、人気品種らしく味が良くてたくさん実がついてイイ感じです。
この時期なので雨に当たることが多いのですが、今のところ実が割れてしまう裂果が発生していないのでかなり育てやすい品種だと感じています。雨が降る前に収穫してしまうか考えずに安心して収穫を待つことができます。
まだまだ収穫期が始まったばかりなので楽しいガーデニングライフを送れそうです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました