電子書籍 Amazon Kindle本の領収書を入手した

アマゾン キンドル本 領収書

Kindle本は領収書も発行できる

電子書籍はAmazonでKindle本を買うことにしています。
技術書など仕事で使うものは紙の本のほうがいいと思っていたこともあったんですが、大きくて嵩張りそうなものは、いつの間にかKindleに移行してしまいました。

電子書籍を何処で買おうかと考えても、この手のサービスは終了してしまえば読めなくなってしまうのでどうしても大手という選択になりますよね。
そして領収書が手に入ることも必須の要件です。

注文履歴から領収書を発行できる – 入手方法

業務に必要な本など会社に経費を申請する際に領収書が必要になるので、領収書を発行できることは必須ですが、AmazonのKindle本は当然のように領収書が発行できました。

領収書の発行方法は他の商品と同様 宛名自由 – Kindle本

Amazonトップページのメニューから注文履歴をクリックして、領収書等から領収書/購入明細書を選択することで印刷するデータが手に入りました。

AmazonのKindleだと電子書籍も通常の商品とほぼ同様の「請求先住所、氏名」と支払い方法(クレジットカードだとJCBやVISAなど)が入っていて、上部に「~~様」と自分で宛名を記入するタイプの領収書が発行できました。

宛名を自由に変更、記入できるのはありがたいです。

アマゾンギフト券、アマゾンポイントを使わない設定はできない – Kindle本の購入

注意点としては、
Kindle本商品を注文するときに、AmazonポイントやAmazonギフト券が残っている場合は強制的に利用される!
という仕様になっていることです。
アマゾンのサポートに問わ合わせてみたところ、
クレジットカードのみでの支払いを希望する場合は、ポイントやギフト券を使い切り、残高0円の時に注文してほしい
とのことです。
現在のところギフト券を使わない方法、回避策は無いようです。

デジタルコンテンツの購入にAmazonギフト券を使う
公式のヘルプにも注文確定時に自動的に適用されると書かれています。

アップルのiPhoneやiPadでも読める – Kindle本

iTunes StoreにもiPhone、iPadで使えるKindleアプリがあるので、Kindle FireにこだわることもないですがAmazonが好きな人には便利なタブレット端末だと思います。

KindleアプリはiOSやAndroidだけではなくPC用というのもあったりします。知らなかった。

AmazonのKindleアプリ紹介ページへ

Kindleストア の 売れ筋ランキング – 世の中の人がどんな事に興味を持っているのか

また最大20%ポイント還元セールなど本のセールが開催されていることもあります・・・


タイトルとURLをコピーしました