[メモリ増設] Dell ノートパソコン Vostro 15 3000 (3558) Celeronエクスプレスモデルにメモリーを増設

Dell ノートパソコン Vostro 15 3000 (3558) にメモリを増設

Dellのノートパソコン Vostro 15 3000 (3558) Celeronエクスプレスモデルにメモリを追加増設しました。

デルのノートパソコンのラインナップの中では、中小企業、スモールビジネス向けということでビジネス向けモデルという扱いですが、安い販売価格と仕様から見て「Vostro 15 (3558)」は個人向け、カジュアル用途でも結構人気なのではないかと思います。Core i5, Core i3搭載モデルもあってバリエーションもあります。Inspironシリーズの企業向け兄弟機という存在でしょう。
お手頃価格ですが少し足りない部分がメモリの容量だと思うのでパソコンの仕様に合うスペックの増設用メモリを追加、高性能化してみました。

メモリ増設のための分解の手順 – Dell Vostro 15 3000 ノートPC

バッテリーとACアダプターを取り外す

メモリーを増設する準備として、安全のために分解する前に電源のACアダプタとバッテリーを取り外しました。

背面のカバーを外す

小さなネジを2本外してから裏蓋を開けるのですが、結構裏蓋のカバーが硬くて、パキパキ音を立てながらツメを外していくタイプのようです。

カバーを外すとノートパソコン内部が見えるようになります。

メモリだけじゃなく、HDDも見える位置にあるので最近人気のSSDに交換したくなります、今回は換装しませんが。

ちょっとだけ気になったのでマウンタのネジを外して搭載されている初期搭載されているHDDの品番を確認。
HDDは7mm厚のウェスタンデジタルのWD5000LPCXでした。

SSDに換装するときは7mm厚の2.5インチSSDですね。

増設メモリを取り付けるDIMMスロット

増設用のメモリを取り付ける場所がありました。

空いている DIMM B のところに増設メモリを取り付けます。

Dellのノートパソコン Vostro 15 3000にメモリ増設
斜めにメモリをスロットに挿入。

メモリを取り付けるDIMMスロットにメモリを差し込んで、ゆっくりと押し倒していきます。

Dellのノートパソコン Vostro 15 3000にメモリを増設完了
倒していくとカチッと音がしてメモリスロットに装着されました。

取り付け作業が完了すると
裏蓋を閉じてバッテリーを装着すればメモリ増設作業完了です。

おすすめの増設メモリ – 選び方

シリコンパワー 8GB×1枚 ノートPC用メモリ 1.35V (低電圧) DDR3L 1600 PC3L-12800 204Pin Mac 対応 永久保証 SP008GLSTU160N02


Amazonで見る 楽天市場で見る

定番と言えるベストセラーシリーズのPCパーツで、常にAmazonのメモリのランキング上位という人気のようです。

シリコンパワー 4GB×1枚 ノートPC用メモリ 1.35V (低電圧) DDR3L 1600 PC3L-12800 204Pin Mac 対応 永久保証 SP004GLSTU160N02

Amazonで見る 楽天市場で見る

同じシリーズに4GBのメモリもあるので、4GBの増量も可能です。

Transcend ノートPC用メモリ PC3L-12800 DDR3L 1600 8GB 1.35V (低電圧) – 1.5V 両対応 204pin SO-DIMM (無期限保証) TS1GSK64W6H


Amazon.co.jpで詳細を見る   楽天市場で詳細を見る

今回増設に使用したメモリ。ですが、最近は上記、同規格の低電圧版DDR3L 1600対応メモリはシリコンパワー製のほうが人気のようです。

Transcendとシリコンパワーについて

交換増設用のメモリを売っているメーカーとしてはどちらも有名なブランドなので相性問題などは少ない印象です。
どちらを選ぶかのか?
私ならその時々、安いほうや納期が早いほうを選ぶと思います。

まとめ – メモリを増設した後

パソコンを再起動すると
Alert! The amount of system memory has changed.
との表示。
搭載されているメモリの容量が変わりましたよ。
ってお知らせなので、特にすることもないのでそのまま
“Continue”
を選択しました。

しっかりと増量分の8GBもWindowsから認識され、プロパティで搭載されている総容量は12GBとなっていました。

メモリの増設は長時間パソコンを使うときやOfficeなどの大きなサイズのアプリを使うとき、標準のブラウザやGoogle Chromeでたくさんタブを開いてネットをみるとき、動画再生や動画編集など負荷が高い処理、画像をたくさん使って作業するときにも、スワップの発生などでパソコンが遅くなりにくくなるのでおすすめのアップグレードだと思います。

スペック表によると最大容量16GBに対応しているようなのでヘビーに使う人は思い切って8GBのメモリを2枚搭載して、最大容量まで拡張してしまってもいい気分かもしれません。


Dell ノートパソコン Vostro 15 3558 Celeronエクスプレスモデル 17Q11/Windows8.1/15.6インチ/4GB/500GB

Vostro 3558 Celeronエクスプレスモデルの主な仕様は
IntelのBroadwell世代のCPU(14nmプロセス) Celeron 3215U
初期搭載内蔵メモリは4GB
HDD 500GB
液晶ディスプレイは15.6インチ (1366 x 768)(LEDバックライト採用)
アンチグレアディスプレイ(非光沢液晶)

初期のOSはWindows8.1 Proでしたので、無料アップグレード期間中にアップグレードするとWindows10 Proになりました。


タイトルとURLをコピーしました